じゅうたんの種類と特徴

じゅうたんの種類は平織カーペットと呼ばれる経糸と緯糸が組み合わせたもので、パイルのないもので、平織りには緋毛氈や菊水織り、三笠織りなどの種類があり、厚さが薄いじゅうたんで毛足のない物で、固めの裏貼りがなく簡単に折り曲げられるという特徴があります。タフテッドカーペットと呼ばれるものは、タフテッドマシンによって、基布にパイルを差し込む刺繍方式で作られたもので、ループやカットといったパイル形状があります。素材には、ナイロン、ウール、アクリル、ポリエステルなどが使われていて、最も一般的に使用されているタイプです。薄いじゅうたんで毛足があり、裏貼りがありますが簡単に折り曲げる事が可能で、無地タイプが多い特徴があります。ウィルトンカーペットは基布とパイルを同時に織っているカーペットで18世紀中頃にイギリスのウィルトン地方で織られたのがはじまりで、特徴は2~5色の柄だしができて、パイル密度が細かくて耐久性に優れています。二重組織りはダブルフェイスと呼ばれています。

ペットの爪の傷から守るじゅうたん

フローリングの床が増えてきた中、床の傷が目立つのはフローリングの悩ましい点で、できるだけ床を傷つけることなく過ごしたいですが、そうはいきません。特にペットを室内で飼っていると、ペットの爪でどうしても傷がついてしまい、綺麗な床もボロボロになってしまいます。しかし、だからと言ってペットを飼うのは諦めるのではなく、フローリングにはじゅうたんを敷けば、床を傷つけることなく日々を過ごすことができます。勿論、一部分にだけ敷くこともできますが、ペットの爪が気になるなら、全面的に敷いたほうが傷がつかずに済みますし、何より安心です。もしも合ったじゅうたんが販売されていなければ、オーダーで造ってもらうことができる専門店を利用すれば、必要なじゅうたんを購入して敷くことができます。自分の趣味に合わせた物にすることもできるため、家を彩るのにも丁度いいです。

じゅうたんの効用で部屋を広くみせます

フローリングの部屋が多くなった時代ですが、居間などはフローリングだけでは、暖かさが足りなく見え、絨毯を敷く家庭も多くなっています。しかしこの絨毯、部屋に合ったものを敷く必要があります。そんな絨毯の選び方として、絨毯を敷いた時、家具などの位置バランスをキチンと把握しておくことです。絨毯が大きすぎても、小さすぎても、おかしなものになってしまいます。そんな失敗を起こさない準備が、大事になって来ます。また、絨毯の色も大事な要素を持っています。色のバランスを考えることで、狭い部屋も広く見えるようになります。それは床の部分を一番濃い色にして、天井部分を薄い色にすることです。ですからじゅうたんを敷く時には、濃い目の色が良いと言えるのでしょう。じゅうたんを敷くなどのちょっとした工夫が、大部屋の感じを変える事なことになるのでしょう。