じゅうたんを家庭で洗う場合には

大きなじゅうたんを一般的な家庭で洗う事は大変です。小さめとマットの場合には洗濯機で洗う事ができ、自然乾燥をしますが、洗濯機に入らない場合には外でたわしを使ってゴシゴシ洗う事になりますが、ペルシャ絨毯やシルク絨毯は色落ちしてしまったり、ツヤがなくなってしまうので自分で洗う事はやめておいて絨毯クリーニングができるクリーニング店がおすすめです。大きめのタイプで一般的な家庭で洗う事ができるタイプは薄めのもので、裏が堅かったり、樹脂加工しているタイプは家庭で洗う事は避けた方がよいです。家庭で洗う場合には、駐車場などのコンクリートの上で洗う事になり、洗う前に床用のブラシを使ってコンクリートを綺麗にしてからじゅうたんを洗います。使う洗剤は中性洗剤がおすすめ、中性洗剤はアルカリ洗剤と違って色落ちや縮みが比較的少なく、油を落とす力がある台所洗剤もおすすめです。

じゅうたんを家庭で洗う手順

じゅうたんを家庭で洗う時には、コンクリートの上で広いスペースがある駐車場の様な場所がおすすめです。水を掛けてほこりなどを先に洗い流しますが、水を掛けた段階で黒い水が出てくる事がありますが、それほど汚れているという事がわかります。次に十分に水を吸い込んだじゅうたんに洗剤を振り掛けますが、この時洗剤を掛け過ぎてしまうと落とす時に大変なので、掛け過ぎない様に注意します。柄のついた床用洗いブラシを使ってゴシゴシと洗っていきますが、汚れが特に気になる部分には念入りにゴシゴシと洗っていきます。洗い終わったら水で洗剤を落としていき、放置して水切りを行い、自然乾燥を行います。自然乾燥させるときには、干し竿を2本に掛けてほしますが、一人では無理なので二人掛かりで行います。天気の良い日に朝からじゅうたん洗いを行って干さないと乾燥が間に合いませんが、水のしたたりがなかったら一回室内に入れて翌日の朝からまた乾燥のために外に干します。天気が良い日が続けば3日経てば乾燥します。

業者を依頼してじゅうたんを洗う方法

カーペットやじゅうたん、ラグやマットのクリーニングでの洗い方は大量の水と天然石鹸を使う事が適切な方法です。日本では土足でカーペットやじゅうたんを利用する事がほとんどないので、廊下など違って拭き掃除をする事がなく、掃除機を使った手入れ方法を行いますが、使っている間にどんどん汚れてきます。食べ汚しや梅雨の時期には空気中の汚れを吸ったり、湿気がじゅうたんの汚れを固めてしまので掃除機では汚れを落とし切れないです。そこでクリーニングを行いますが、出張ハウスクリーニング業者を利用すると、電動ブラシを使い合成洗剤を流して回し吸い取る作業となり、吸い取って出てきた液は相当汚れています。ところがその方法だけでは汚れた水が残ってしまいます。そこでクリーニング工場で大量の水を掛けて電動ブラシ機を使って洗って、洗剤を大量の水を使って流し、乾燥させる方法を利用すると芯まできれいに仕上がります。