じゅうたんを敷き詰めた部屋を歩いた時に伝わる感触

日常生活していると、フローリングの床と比べてじゅうたんを敷き詰めた部屋は気分転換を楽しめるので良いという人が多いようです。部屋全部の模様を統一して生活している人もいますが、部屋毎に模様を変えて楽しんでいる家庭では季節に応じて使い分けるのだそうです。子供の多い家庭では飲み物をこぼして汚れがついてしまうことがあり、クリーニングに費用がかかりますが、歩いた時に足裏から伝わる柔らかい感触がたまらないという人がいて、じゅうたん人気は衰えそうもありません。中でも、マンションやアパートのような集合住宅の生活で最も多いクレームが隣近所の発する騒音に関するものですが、隣や階下の家庭まで余計な物音が伝わると隣や階下同士で騒動の元になることが知られています。フローリング床にもメリットがありますが、他の人が寝静まっている早朝や深夜に生活する家庭、あるいは、小さい子供が室内を走り回る家庭では床にじゅうたんを敷いた方が無難だということです。

年に2回くらいはじゅうたんを天日干しすること

お気に入りのじゅうたんを少しでも長く使えるように、こまめに掃除機をかけていると言う人は多いでしょう。しかし、それだけでは不十分です。定期的に拭き掃除もしたいです。さらに、年に2回くらいは屋外に出して、天日に干すといいでしょう。もちろん、ただ単に干すだけではいけません。ふとんたたきなどを使って、ほこりをたたき出すことを忘れないようにしましょう。干し終わったらすぐに敷く人も多いですが、ていねいに掃除機をかけないといけません。ここで掃除機をかければ、毛足の奥のほこりも取れますし、ダニ対策としても効果的です。また、干している間に、じゅうたんを敷いていたところを拭き掃除しましょう。おそらく、じゅうたんの下はフローリングでしょうが、湿気とほこりでツヤがなくなっているはずです。きれいにしておかなければいけません。

じゅうたんの掃除に関して

じゅうたんを掃除機がけするとき、壁ぎわや家具のきわの部分までしっかりきれいにしないといけません。しかし、こう言う部分のホコリは掃除機では吸い取りにくく、つい放置してしまいがちです。放置してしまうと、薄い色のじゅうたんの場合はホコリが黒ずんで目立ってくるので注意しましょう。まずは、古い歯ブラシを使って、ホコリをかき出します。パイルを起こすような感じでこすっていきましょう。そして、歯ブラシでこすりながら、先の細いノズルを掃除機につけ、吸い取ると驚くほどきれいになります。ただし、年数が経過していると、こう言う方法を行なっても、黒ずみが取れない場合があります。その場合は、歯ブラシに掃除用洗剤をつけてこすり、かたく絞ったタオルで拭くようにしましょう。これでもきれいにならないと言うことはほとんどありません。

インテリアショップゆうあいは日本最大級の品揃えで大好評です! 廊下や玄関に最適な切り売りカーペットはお好きな長さをご指定いただけます。 全国各地のご家庭に合ったサイズのカーペットが、ネット通販最大級の品数の中から、必ず見つけることができます。 お客様の気に行った商品がなければ、オーダーメイドという形で一人一人に合わせたカーペットをご購入いただけます。 じゅうたんやラグが豊富にあります